京都久美浜の美術館「森の中の家」へ

スポンサーリンク
お出かけ

兵庫県はコロナウィルス感染者が増えてますね。

 

わたしたちも兵庫県におりますが、だいぶ外れの方にある城崎、豊岡市なので。

 

危機感を感じずにおります。いいのか悪いのか。

 

姫路とか神戸とか宝塚とか尼崎とか芦屋とか、

 

異国、同じ県とは思えない。。

 

鹿児島市内で言うところの、屋久島、種子島とかの異国感かな。

 

まだ、隣の京都方面とかが近く感じる。そんな土地勘です。

 

えー、そんな近隣の、車で20分ほどの京都の久美浜まで先日行ってきて。

 

海沿いのBaycookってところでランチを食べてきまして。

 

美味しくてボリュームもあって大満足でした。

 

ちょうど11:00ごろに入ったんですけど、お客さんがどんどん入ってきて

 

わたしたちが出る頃には満席近くなってましたね。人気のお店でした。

––––––––––––––––––––––––––––––––

ベイクック

  • 京都府京丹後市久美浜町2794
  • TEL:0772-82-1576
ベイクック - パスタが美味しい久美浜のカフェレストラン
パスタが美味しい久美浜のカフェレストラン

––––––––––––––––––––––––––––––––

お腹がいっぱいになって、そのまま帰るのももったいなくて。

 

その辺りから車で10分ちょっと走ると美術館がある模様。

 

ってことで走らせて行ってきました、「森の中の家」。

 

京都の高級料亭「和久傳」が作った場所のようです。

 

中に入ると「散歩道」と言う看板があって、

広い敷地に少しずつ植樹して森をいまも作ってる。

 

ふきのとう?

 

ちょうど暖かい日だったから、花粉症でなければ最高の休日でしたね。

 

「森の中の家 安野光雅館」が↑です。

建築家の安藤忠雄さんが設計された建物。

あまり意識してなかったけど、有名な建築家の建物に入れるのが嬉しかった。

 

中は写真NGでしたので撮れませんでしたが、見応えのある展示で

 

久しぶりの目の保養に「来てよかった〜!」と二人で満足しながら帰りました。

 

隣りにはレストランとミュージアムショップもありました。

この日はお腹いっぱいだったから、ランチは無理でしたが、

 

いや、おそらく、ランチも高そうなので、食事に行くことは無理だろうなぁ。

 

安野光雅さん、来週3/20には94歳になる現役の画家さんだそうです。

 

絵は見たことあったはず。あまり気にしたことなかったけど、

 

繊細な感じと、きれいな色づかいの水彩画。

 

ポストカードを買って帰ったんですけど、原画を見たあとなので、

 

「やっぱ実物を、実物のサイズで見られてよかったな。」と、

 

ポストカードを包んでくれた包装紙も洒落とる。

 

美術館に入館すると安野さんの絵でパッケージされた桑のお茶もいただけて。

 

洒落とる。シャレとる。満足でした。

 

城崎旅行と一緒に周れそうな気がします。近いし。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––

和久傳ノ森

https://mori.wakuden.kyoto/233/

––––––––––––––––––––––––––––––––––––

 

安野さんの美術館が、島根県津和野町にあるそうで、機会があれば行きたい。

鹿児島に帰る途中に寄れたらいいなぁ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました