群馬旅行・草津温泉の足湯だけでもう満足する。

スポンサーリンク
群馬旅行

私たちが今リゾバ暮らしている湯沢町は、新潟と群馬の県境。一度行ってみたかった名湯草津温泉まで車で2時間ほどと知って気分転換にゆ〜っくりして来ました。

↑越後湯沢駅から草津温泉の湯畑まで約2時間。

草津温泉街もゆったり歩きながら散策がオススメ

わたしたちは急遽3連休ほど頂いたので、ホテルは安いとこでいいや〜と言いながら探しまして「伊東園ホテル草津」に一泊しました。ちょうどリゾバで毎朝バイキング料理の提供をしていたので、だんだん「バイキング食べたい!」と洗脳されてたときでしたね。バイキングと生ビール飲み放題プランがあった伊東園ホテル草津が魅力的に見えたのでした。が、しかし、いざバイキングって食べてみると「うん、もう、いらないね。」って全然食べられないんです。いつもの如く、結局カレーとかでお腹一杯になって終わるんです。せっかくの生ビール飲み放題も、お腹一杯だからそんな飲めないんですね。。

伊東園ホテル草津は、草津温泉中心部には離れているのですが「草津バスターミナル⇆伊東園ホテル草津」間を無料送迎バスが定時運行してまして。1時間おきに出てるので帰りのバスの時刻だけチェックしとけば気楽だなと。ホテルに車を置いて、バスに乗って約10分で草津温泉中心部まで行きました。中心部は車道も狭いので運転したくなかったんですね。バスを降りてからは気分転換に散歩をブラブラとしながら公園の方へ歩いていきました。

西の河原公園の足湯です。もちろん無料。小雨のせいか人込みもなくゆっくりお散歩できました。”温泉”の川があって、熱湯が流れてそうなほど湯気が出ていて気持ちのいい公園です。夜はライトに照らされて幻想的な雰囲気。公園から湯畑に向かってぼちぼちと歩いていきました。

草津温泉の湯畑見られてサイコー

よくテレビで目にしていた”湯畑”を間近で見られて嬉しかったですね〜。見応えありました。湯畑のそばに足湯があって、観光客が自由に出たり入ったりしてましたね。海外旅行客も多かったなぁ。Google Mapsで「草津温泉」と検索して車で走ってきただけなので、土地の感じってまぁ初めてだと分からないじゃないですか。車で行くと一方通行の道が分かりにくくて、何度かクラクション鳴らされて一方通行の道を走ってしまってたみたいで注意してほしいですね。また、歩いて観光もできますが坂道があったりするので、足の弱い方なども事前に注意しておいたらいいと思います。湯畑のまわりにおみやげ屋さんとか集まってましたね。いきなりまんじゅうを配るおじさんに遭遇して圧倒されましたが遠慮して受け取りませんでした〜。田舎もんがバレるな〜。

草津温泉のお湯の感じ

温泉は、伊東園ホテル草津の温泉で十分に満足してしまいました。中心で入ろうと思ってたんですけど、ホテルの温泉に入りすぎて疲れてしまったもんで。。まぁ、次に草津へ来たときの楽しみに取っておきましょう。噂に聞いていた強い酸性のお湯は目に入ると痛い程で、口に入るとしょっぱい味。話に聞いていたほど硫黄の香りは強くなくて温度もちょうどいい。肌が溶けてツルツルになった感じ。疲れも一緒に流れてしまいそうで薬湯という言葉がぴったり。

わたし達は鹿児島出身ですから、鹿児島の温泉はもちろん、リゾバで行った先の温泉<三重県・兵庫県・石川県・新潟県」は入ってきましたが、やはり草津は今までにない感覚の温泉でした。もう一回体験したい。リピートしたくなる温泉ですね。温泉効果もあってか、車での旅行に疲れてしまったのか、観光らしいことはできずに温泉入ってご飯食べて宿で眠る旅でした。

草津温泉、そりゃ人来るわ〜。いいお湯すぎるわ〜。夫と湯質の素晴らしさに感動して帰りましたとさ。視察目的のギャラリーも店もない、ただただゆっくりするだけの何もしない旅なんて初めてなんじゃないかな。サラリーマンのリフレッシュ休暇っぽい。自営業の店をしめて1年、休日も仕事につながることだけ考える生活から少しだけ遊べるようになった気がします。

草津温泉はもう一度行きたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました